道場訓 of 新極真会岡山東支部石原道場

道 場 訓

一、吾々は心身を錬磨し確固不抜の心技を極めること
(ひとつ、われわれは、しんしんをれんまし、かっこふばつのしんぎをきわめること)

私達が空手を修行する目的は、自分自身の体と心を鍛えることにあります。真剣に稽古に打ち込むことでどんなことにも動じない不動心、強い意思といったものを習得していかなければならない。


一、吾々は武の神髄を極め機に発し感に敏なること
(ひとつ、われわれは、ぶのしんずいをきわめ、きにはっしかんにびんなること)

私達は武道として空手の道を徹底的に追求していくことで、どんな状況でも臨機応変に対応する力と相手の心を理解する思いやりや優しさ、どんなことにも素直に感動できる心を身につけなければならない。


一、吾々は質実剛健を以って克己の精神を涵養すること
(ひとつ、われわれは、しつじつごうけんをもってじこのせいしんをかんようすること)

私達は自分を飾ることなく、真面目で素直に空手の修行に 打ち込むことによって、自分自身に打ち勝つ、強い心を養っていくことを心がけなければならない。


一、吾々は礼節を重んじ長上を敬し粗暴の振舞いを慎むこと
(ひとつ、われわれは、れいせつをおもんじ、ちょうじょうをけいしそぼうのふるまいをつつしむこと)

私達は礼儀を身につけ、 目上の人を敬い、人前で空手の力を誇示するような行動をとってはならない。


一、吾々は神仏を尊び謙譲の美徳を忘れざること
(ひとつ、われわれは、しんぶつをとおとびけんじょうのびとくをわすれざること)

私達は人間の力の及ばない自然や宇宙の摂理を重んじ、神や仏を敬い、相手の事を大切にし、自分を謙遜する態度を忘れてはならない。


一、吾々は智性と体力とを向上させ事に臨んで過たざること
(ひとつ、われわれは、ちせいとたいりょくとをこうじょうさせ、ことにのぞんであやまたざること)

私達は空手の修行によって、ただ肉体を鍛えさえすればいいというものではなく、知性と体力をともに向上させなければなりません。それによってどんな状況でも焦らず、冷静に対処することが出来るようになるのです。


一、吾々は生涯の修行を空手の道に通じ極真の道を全うすること
(ひとつ、われわれは、しょうがいのしゅぎょうをからてのみちにつうじ、きょくしんのみちをまっとうすること)

武道として空手の修行は一生かけて追い求めるものです。 一生を通じて極意に一歩でも近づこうとする姿勢、それが極真空手の本義なのです。 道場訓は「空手の修業は自分自身の心と体を磨き上げる事こそが最終目的である。」とする故 大山倍達総裁の武道観、空手観をまとめたものであり、『宮本武蔵』の著者吉川英治先生 が監修されたものです。

ページトップへ